« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

富山への道は長いが、雪解け水はきれいだった。

一ヶ月前の喉の風邪がいまだに治らない。
31歳をすぎて、だんだんと体の回復に時間がかかっているような気がしてならない。
そして、昔に職場の先輩が「体が全開って日がない、日々なにかしら痛かったり調子悪かったりしてる」という言葉を思い出す。

ちなみに、今は背中と腰の痛みにも苦しめられている。
原因は寝違えた背中、6時間超に及ぶ富山への運転後のホテルくそ柔らかいベッドに座った際に捻挫した腰
湿布を貼ったところで未だに完全回復はしていない。
それどころか、ババちゃんのコルセットまでつけて負荷の軽減を図ってもいる。
腰痛でコルセットなんて、昔は考えられなかった。
そんなものなんかしなくても、自然に治ると思っていたし、言ってもいた。
ださいし。
だけど、今ではその体への優しさに頼ってしまっている。

そう、心もどこか変わりつつある。
最近はズボンのしたにタイツを履くことに抵抗がなくなった。
昔はもぞもぞして嫌いだった。
膝を曲げたり伸ばしたりで、ちょっと冷たくなったりするあの感じも好きじゃなかった。
だけど、今ではあの暖かさが必要になっている。

自分で頑張ったりしようとか、昔の頑固な自分の体調へ管理への方法が変わってきている。
薬も飲むようになったり、自発的に医者にも今年は言った。
変化は心だけでなく体にも。
前回、横浜に行った時の話だ
横浜駅で東横線を降りて改札をくぐって、地上に出る際
無意識に混ん出るエスカレーターに向かおうとした。
それに気づいて、階段でいったけど。その時に、抵抗感じたけど。

以前は、体が鈍るからと言って階段を使っていたのに
たくちゃんがその時から、エスカレーターにって言っても強引に階段使ってたのに。
だんだんと、無理しなくなるというか
頑張らなくなるというか
昔と同じようにできなくなっている。
次は電車で、席が空いていれば座るようになるのかな〜
車両の出入り口におっかかるのでは、だめになるのかな。
人と人の間にすわるのかな。体が変わってきている。
てか、衰えを実感してきている。こんな風に言うととても悲観的。
っつても、こんなのあたりまえすぎて、
真面目に考えるのがアホらしいことではあるんだけど。
だから言い方と見方を変えると
その分、やっぱり心は成長してる。
特に、性欲からなる妄想はより一層のキレを見せている。笑
想像を楽しむようになった。

年のせいで
余裕がもてる部分も増えてきた。
はたから見れば、てんやわんやだろうけど。
上司や女子とのトークやメールなんかも、
内容に関してはだけど、多少。笑
きっとこの変化って楽器とかサッカーのプレイでも同じかもしれない。
よりクリエイティブになったのか。大器晩成と言われた私
やりたいことに自信と興味をもって、頑固さが消えてきたようにも感じる。ってか、そう信じたい。


いよいよ明日で2016年も終わる。
2017年も良い年になるように、毎日を楽しんで行こう。

| | トラックバック (0)

まいこ

ブログというものは、その日その日に起きた出来事に何かを感じ

その日の内に、記憶や感情が新鮮な内に書いた方が

インスピレーションやアイデアが湧いてくるというものなのである。

だからこそ、暇じゃないとできない
(だからって、今日が暇なわけじゃない)

日常の出来事に気づいたり、逆に何か変わった事も起きたりしない

ここ数年は、毎月月末に義務としてブログを書いていたためか

その次の総括だったたり

変な行き決定だったり、内容が薄かった。

そんな時はもちろんブログを書いていても面白くはないのである。

それは、読み返した時もきっと同じである。

(自分が認める)いいものを、(自分にとって)楽しく書いていきたい。

そしてそんな毎日を楽しんで生きたいのだ。

そんな何かが起きた今日。
俺は部活の時間を休んで、医者に行った。

医者嫌いの僕がこの行動にでた理由は
2週間前くらいから、咳が弱まったり強まったりして一向に止まらず
ついには、授業に差し支えたり
ALTにHave you gone to Doctoer?って迷惑そうに聞かれたりしたからだ。

近所の小児科兼内科にいったのですが

そこは内科と兼業してるだけあった幼稚園や小学校低学年のこどもたちが多い。
受付にいくと、水曜の午後は内科が休みです、と。

その秘宝にショックに感じながら、頭の中でまた明日こなきゃなのかって考えていると

どうやら、小児科の方で受診できるようでした。

さっそく小児科でお願いして待つ事10分、予想通り

「りょうたく〜ん」と乳飲み子や幼児を呼ぶやさしいおばちゃん看護師の声が。

恥ずかしいのを覚悟で、はいっていうと何もなかったかのように診察室に通された。

結構恥ずかしかった。

受診をして、検査をして、マイコプラズマの疑いがあったものの
そうじゃないらしく
薬をだされました。

結局、この咳はなんなのか聞くのを忘れてしまった。
どうせ大した事はないのだろうけど。

ちなみに、その後処方箋をもって薬局にいくと
その受付事務と薬剤師が二人とも若くてかわいかった。

こんな所にきれな人がいるとは、

どうにかお近づきになりたいと思った、ブログを開始して12年目突入の師走中旬であった。

| | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »