磯子屋

前の会社をやめて、早2年と3ヶ月

その間、藤沢メンバーで飲んだりしてなかった。


つまり、藤沢にも最終就労日から行ってなかった。


しかし、その2年と数ヶ月の沈黙をやぶり、今日彼女と中目黒と横浜、そして藤原の磯子屋に行ってきました


この磯子屋に行って初めて浜焼きの存在を知りました。


藤沢会に、酒を飲まない人がいたから


飲まない人でも楽しめる美味しご飯のお店やお洒落な所をざがしてる余剰で見つけたようなお店


しかしそれにも増して本当に全ての料理が上手いのが磯子屋


カキ、ハマグリ、サザエ、ホタテなど旬の貝を七輪で磯の香りを漂わせながら


焼く、やく、役ーーーー!!


それだけで、満足なのに蟹味噌や鱒寿司などほんとに4500のクオリティを超えた感動


またきたくなっちゃうよ、浜焼きだけじゃなく飲み放題のメニューも素敵

特に、オロナインcチュウハイとか最高


年に一回は来れるようにしたいな、、、、。


というような思いをはせる
中目黒と藤沢ツアーの本日である。。。。


明日から4月


大変な事も多いだろうけど、しっかり頑張るか

| | トラックバック (0)

くそじじい

きょうは訓練

大人のだらしなさというか、
自発性のなさを感じた1日だ。

かき ぬ!まなか! じま!てめーらだ!

公務員だか安心するところと、ダメな部分。
一緒に働く人に垣間見えたので余計腹が立つ

それは、ちょうちょたちに対しても同じである。


コントロールする側というか、管理 する側になるとなにか気になることが多くなる
イライラも多くなる。

今週末は京都にいくのでリフレッシュしたいな。
たのしみだな。

| | トラックバック (0)

インインフルフフル

仕事場で、インフルが猛威を振るっている。

その猛威は少なからず自分たちの仕事に影響を与え

同僚の生活には大きな被害を出し

その同僚をフォローするために、働く自分たちは一人分の仕事を分割して請け負ってくのである。

心に焦りと疲労という傷跡を残しながら。

このインフルの厄介なところが、一度認定されると体が元気でも数日は仕事できなくなってしまうこと。

完全に数日間、人が足りなくなってしまう。

今回みたいに大きなイベントがある時期だと特に大変さは半端ない

だから、こういう時こそ職場のチームワークなんたらが必要になってくる。

今の職場は前の職場と違いベテランがとても多い
信じられないくらいに。

だからこそ、将来を信じれれる。

50代、40代、がザラである。

なので、思いっきり頼ってみようと思う。

| | トラックバック (0)

まいこ

ブログというものは、その日その日に起きた出来事に何かを感じ

その日の内に、記憶や感情が新鮮な内に書いた方が

インスピレーションやアイデアが湧いてくるというものなのである。

だからこそ、暇じゃないとできない
(だからって、今日が暇なわけじゃない)

日常の出来事に気づいたり、逆に何か変わった事も起きたりしない

ここ数年は、毎月月末に義務としてブログを書いていたためか

その次の総括だったたり

変な行き決定だったり、内容が薄かった。

そんな時はもちろんブログを書いていても面白くはないのである。

それは、読み返した時もきっと同じである。

(自分が認める)いいものを、(自分にとって)楽しく書いていきたい。

そしてそんな毎日を楽しんで生きたいのだ。

そんな何かが起きた今日。
俺は部活の時間を休んで、医者に行った。

医者嫌いの僕がこの行動にでた理由は
2週間前くらいから、咳が弱まったり強まったりして一向に止まらず
ついには、授業に差し支えたり
ALTにHave you gone to Doctoer?って迷惑そうに聞かれたりしたからだ。

近所の小児科兼内科にいったのですが

そこは内科と兼業してるだけあった幼稚園や小学校低学年のこどもたちが多い。
受付にいくと、水曜の午後は内科が休みです、と。

その秘宝にショックに感じながら、頭の中でまた明日こなきゃなのかって考えていると

どうやら、小児科の方で受診できるようでした。

さっそく小児科でお願いして待つ事10分、予想通り

「りょうたく〜ん」と乳飲み子や幼児を呼ぶやさしいおばちゃん看護師の声が。

恥ずかしいのを覚悟で、はいっていうと何もなかったかのように診察室に通された。

結構恥ずかしかった。

受診をして、検査をして、マイコプラズマの疑いがあったものの
そうじゃないらしく
薬をだされました。

結局、この咳はなんなのか聞くのを忘れてしまった。
どうせ大した事はないのだろうけど。

ちなみに、その後処方箋をもって薬局にいくと
その受付事務と薬剤師が二人とも若くてかわいかった。

こんな所にきれな人がいるとは、

どうにかお近づきになりたいと思った、ブログを開始して12年目突入の師走中旬であった。

| | トラックバック (0)

今年の風邪は咳から

2週間前の日曜日

図工のスクーリングで池袋から帰ってきた直後に、咳をしている妹に風邪を移されました。

菌が体に入ってきて、おそらくすぐに発症した咳

この咳が実に遅らしくヘビーだった。

止まらない深い咳

よる寝ていると、嗚咽のようなゲロを吐くような咳がとまらない。

軽く話すだけでもゴホゴホ

エチケットで、マスクまでつけた。自分の息の臭さにもなれました。

あまりに力が入りすぎて顔圧あがり血管がきれるかと思った。

そのせいで、お袋がおきて
怒るように心配してくるし。

逆にそっちでストレスですよ。

それがようやく今になって、きれるようになってきた

雲間の光が垣間見えた。

ふた職場を見渡すとこの2週間で風邪ひきがどれだけ増えた事か。

ここにきて、風邪という大気圏をとっぱして
健常という宇宙をまおうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうさい

うかってた〜

ついに、決まった。終わった。

子供の頃からなんとなく意識の中にあった教員採用試験

高校に入学して少しづつ大人になるにつれて
その意味が変わってきた教員採用試験
体育大学を目指し始めたあたりから、教師を意識するようになっておいました。

でも、その一方で受かる自信は全くなかった。
あの頃の自分なら、英語ならなおさらな感じです。

結局は、大学入試におちて体育の教師を諦めて
神大の英語英文学科に入って
同じ目標をめざす、グッチとタツローに出会って。

でもでも、結局就職は一般企業へ
そのころから、真剣に悩んでたのかな。
どこかで勉強しなくちゃとも考えたし、それ以上に毎日必死だったけど。

ずっと横浜にのこるか、教師やるか。
でもあの会社で60歳まで働ける自信はなかったよな。笑
SEは頭が必要だから。

27の時に真剣に自分と向き合うようになって
その答えがワーホリ。
あの時の決断は、半分ふざけてたけど、いい判断だった。
今となっては、オーストラリアライフはとても貴重だった。
大切な出会いがたくさんあった。
店長、ギー、アンバー、アレックす、けいいちろ、しょうた、てみー、しょうこちゃん、pedecab、オフェリ、ディエゴ、ラナ、ザラ、ルシアナ、桃さん

そして、6国の旅。

われながら、教師になるためだけにしては壮大すぎる

それをへて、やっとうかったわけか。

実感はなく、それでも壁は越えた感だけは感じる日々。

よし、来年からがんばるぞ。笑

やったよ、じいちゃん、ばーちゃん。



| | トラックバック (0)

決戦前夜

明日は教員採用試験の2次試験である。

なんと、この前に受けていた1次試験が奇跡的に通っていたのだ。

発表の日は、ネットでの発表もあったので

1時間くらい後に、ゆっくりとホーッムページに行って恐る恐るクリック。


他教科の合格番号見通しつつ、ゆっくりと英語の場所へ

この文を打ちながらいまでもあの緊張がおもいだされる。

社会、国語、数学、、、、、中国語の次に英語だった気が

スクロールしすぎて、いったん行き過ぎたあとゆっくりもどしてみると
番号があったのです。

おおおおおおっマジか。あった。あった。

試験を受けてはいるけど、実際に1次受かるのって夢のまた夢だった気がする。

でも、うかった。

夢を現実にした貴重な経験。

つーわけで、明日も頑張りまーす。

| | トラックバック (0)

reterner

夏休みに突入してから早一週間

一学期を振り返ると、ほんとによく働いたと思う

授業準備で苦労して、部活で苦悩して、生徒指導であきれて

テスト作って、成績付けて

蹴られて、頭突きされて、引き金弾かされそうになって

授業参観やって、教員採用試験やって

無事に走り切れてよかった。。。

本当に脱落しちゃってる人がいるからほんどに焦る。笑

だからこそね、

おかげ様で夏休みはスローにやらせてもらってます。
夏休みの落ち着いた職員室の雰囲気、嫌いじゃないです。

だれもいない校舎、教室の窓から見える青い空と白くて大きい雲、遠い雨の匂い、嫌いじゃないです。

夏を味わえてる気がするよ。
田舎の方がその味は濃いね。

ちょっと前までは、この夏休みに2学期の授業準備完璧にしてやる!みたいなこと考えてたけど

ゆっくりしないとは、そこは。って考えに変わってきてる。

当然でしょ。
外はくそ暑いんだからさ。

2学期は2学期にやろうよ、そっちもどうせまた大変なんだからさ。
諦めましょう、もがくのやめましょう

受け入れましょう。笑

目下の敵は、教員採用試験の結果と学年会計か。笑
精神力が試される日々がつづくのだろうな。

お盆休みは東京に行きます。
ビアガーテンに、スクーリングに。。。。あれこれだけか。

群馬に住んで1年ちょい、

またちょっとづつアイデンティティーがかわりつつある。

なにはともあれ、16年後半は出会いと別れの年になりそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

きたる試験

きたる試験に備えて、勉強が少しできた今週末
それだけで
充実感が得られるのだから

今の生活が去年の物と異なっていることを証明しているのである。

それほどに、授業の準備や雑用、部活に日々追われ
自由な時間持てないでいる。

だが、その一方でやっとお金を貯め始める事ができた。
あくまで、始めることが。

去年は時間があったもののお金がなく

今年は時間もなくお金も余裕なく

ちょいちょい顔を出し始めている通信もうざし。

こんなにも慌ただしく落ち着かない心境ですごす一年はこの30年の人生で始めてなのではと感じます。

採用試験をやつけることが直近の最大の目的なのは言うまでもないけど

その道のりはとおくなることが予想され

そうなるとその時間や早さもよりいっそう要求されてくる。 

この年齢で、いろいろきついっす。

| | トラックバック (0)

starting over

先月の’明日からビビってるブログ’を書いてからちょうど一ヶ月がたった

あれから、数多くの色々な種類の不安を乗り越えてようやく一ヶ月がたってくれた

新しい職場にも、授業にも、生徒にも、部活にも、クソ通信大学にも

内臓系にダメージを食らわせてもらいました。

目下の目標は教員採用試験と授業作りと試験作り

この一年は本当にいろいろな出来事が起こりそうでござる。

というわけで、正式にチコウリンとなり

授業屋として英語の授業をすることになった

英語の授業屋に必要なものは授業のアイデアと度胸

ゆっくりとコーヒーも昼飯も食べる時間すらなくなったいま
準備する時間もままならず

戦場にでては、手も足もでずに撤退を余儀なくされたり
教材にもお客にも、自分にも噛み合わずに
意味不明のがり滑りを味わいながら

きつい視線に耐えながら

自分のマイナスに思考負けない理由を探しながら

なんとか前に進んでいるのである。
教科書を進めているのである。
数年ぶりにやることが多すぎる。
家でする事全部よく眠くなる。。。。。。。。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧